【つくり手の声を聴く】丸一酒造 神谷尚宏 氏


あいち美酒欄2015出展蔵の、主につくり手の方に、アンケート形式で5つの質問にお答えいただく【つくり手の声を聴く】シリーズ☆
知多郡阿久比町で「ほしいずみ」を醸す丸一酒造の神谷尚宏氏にお伺いしました!!

citymate065_1422786991

1.酒造りに携わるようになったきっかけは何ですか?

日本酒が好きで、お酒造りに興味があり、入社しました。

 

2.酒造りにおいて、こだわっている点、大切にしている点はどのような事ですか?

一つ一つの工程を、丁寧に気持ちを込めて、蔵人一丸となって行っています。

 

3.酒造りをやっていて良かったと思う時はどんな時ですか?

お客様に美味しいと言っていただけた時です。

 

4.貴蔵のお酒の特徴(他銘柄との違い)をいくつか挙げてください。

華やかな香りがあり、スッキリとした口当たりのお酒です。
純米酒、辛口純米酒は熱燗、常温、冷酒など、どのような飲み方にも合います。

 

5.今回のテーマ、原料米へのこだわりを教えてください。

地元知多産の若水を中心に、最近では阿久比産の夢吟香を使用したお酒の種類も増えてきております。
今後も若水・夢吟香を中心に地元産の酒米に力を入れていきたいです。

 

最後に、「あいち美酒欄2015」を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

丸一酒造は昔から、華やかな香りがあり、スッキリとした口当たりのお酒を丁寧な手造りによって醸して参りました。
その手造りによる優しい口当たりの「ほしいずみ」をお楽しみください。


1 (1)

2 (1)

 

* * * * *
古くから、良質な米の産地としても名高い阿久比町。蛍が育つ名水と、良質な米を使って醸された丸一酒造の「ほしいずみ」。
山田錦で醸した「ほしいずみ 純米大吟醸」や、若水で醸した「ほしいずみ 純米吟醸 ひやおろし」もご出品いただけます。
その優しく滑らかなテクスチャー、是非、丸一酒造さんのブースで味わってみてください!!