【つくり手の声を聴く】関谷醸造 杜氏 荒川貴信氏


あいち美酒欄2015出展蔵の、主につくり手の方に、アンケート形式で5つの質問にお答えいただく【つくり手の声を聴く】シリーズ☆

銘酒「蓬莱泉」、「一念不動」を醸す関谷醸造の杜氏・荒川貴信氏にお伺いしました!!

12084219_944388735629470_1710212240_n

1.酒造りに携わるようになったきっかけは何ですか?

微生物を扱う専門学校に通っており、その中で発酵食品に興味を持つようになりました。また、酒造業界は後継者不足で悩んでいるところが多く、手に職をつけたかったためです。

 

2.酒造りにおいて、こだわっている点、大切にしている点はどのような事ですか?

一つ一つの伝統で受け継がれてきた作業の意味をよく考え手を抜かず丁寧にきれいな仕事を心がけています。

12081581_944388768962800_1974785710_n

3.酒造りをやっていて良かったと思う時はどんな時ですか?

機会はあまり少ないですが、お客様とご一緒した時に瞳を輝かせて「旨いね!」なんて言ってもらえると、よかったな、と思います。

 

4.貴蔵のお酒の特徴(他銘柄との違い)をいくつか挙げてください。

超軟水の仕込水を使っており、また精米歩合も低くしっかり温度管理をして醸していますので、口当たりの良い丸味の感じられる柔らかい酒質でキレの良いお酒が再現性を持って造られています。

 

5.今回のテーマ、原料米へのこだわりを教えてください。

もちろん山田錦も特等クラスを惜しげもなく使いますが、弊社のこだわりはやはり米を自社生産していることです。愛知県の酒造好適米「夢山水」をはじめ、「チヨニシキ」などの一般米も苗からこだわって作っています。

 

最後に、「あいち美酒欄2015」を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

同じ愛知県でも多様な蔵があり、多様な酒質のお酒があります。自分の心に響くお酒を見つけてください。

12067902_944388762296134_1338274206_n

* * * * *
もはや知らない人はいない銘酒、蓬莱泉を醸す関谷酒造さん。今回のテーマでいうと、原料であるお米から自家栽培・自家醸造、ワインでいうドメーヌを実践されていて、大変強いこだわりを感じます。
今回の美酒欄では、夢山水、但馬強力、夢吟香など多様な酒米で醸したお酒をご出品いただきます。
しかも!スパークリング、純米大吟醸、純米吟醸ひやおろし、十年古酒まで、その幅広い味わいは圧巻ですよ、是非!!